どのように設置するの?

ウォーターサーバーの利用が各家庭で急速にのびていますが、設置場所を考えて置かないと後で大変なことになる場合があります。
ウォーターサーバーは冷却機能があるため、背面や両サイドには一定の空間が必要です。
家庭でウォーターサーバーを使用する場合は、キッチンに設置するのが一番便利ですが、キッチンは最初からキッチン家具や家電の置き場所が大体決まっています。後から物を置くということは、使う人に取っては頭の痛いことです。
床タイブは高さが120cmですが、置いて見ると意外と場所を取っているなという感じがします。また、卓上タイブの方は12リットルのボトルを乗せたサーバーで高さが70cmになります。転倒のことを考えるとテーブルの端に置くのは危険すぎます。このように考えていくと、広さは420cmx300cm、高さはサーバーの高さプラス50cmはほしいところです。
更に設置環境にも制限があります。サーバーのほとんどが屋内用ですので、屋外設置は不可です。直射日光の当たる所は絶対に避けることです。
熱源がある場所の近くも不可です。だからと言って湿度の高いところはもっと悪いです。
近年は使い勝手のよさは勿論ですが、デザインなども使う人の好みにあうようなきれいなものも出回っていますし、リビングなどにおいても飾りになります。

お勧めのページ

蛇口をひねって水道水を飲むような感覚で、ミネラルウォーターなどの、出来るだけ安全な水を飲用する装置が、ウォーターサーバーです。

どこのウォーターサーバーがいいのか

薬局やクリニックで設置され始め、今や家庭にも置かれるようになったウォーターサーバーですが、様々なものがありどこのウォーターサーバーがよいのか迷ってしまいます。
この点、自分のライフスタイルにあったものが一番良いと思います。そのためにもまず第一にコストを把握する必要があります。サーバー本体にかかる費用だけでなく、水を入れたタンクの配達料、電気代なども含めて考える必要があります。新しいタンクの配送料を無料にするところや、サーバー自体が省エネ構造になっており、電気代があまりかからないものもあります。したがってそれらの点を考慮して決定する必要があります。次に配置スペースの問題です。サーバーを配置するスペースはもちろんのこと、配達された水を保管しておく場所も必要となります。サーバーの大きさは各メーカーによって異なりますので、自分の家や会社の間取りをよく把握して選ぶのが望ましいです。またメーカーによっては在庫を自宅で保管しなくても良いように工夫した配送システムをとるところもあります。これらのことをもとに効率的にスペースを利用できるものが望ましいです。最後に手間の簡略化です。メンテナンスを要するサーバーもありますが、忙しい人にとっては手間となります。そのような方はメンテナンス不要のものを選ぶのがよいでしょう。